インターネット上のアフィリエイト活動を行う際に、たびたび問題となるのが、「コンテンツの盗用/著作権侵害」です。
著作権とは、文章、音楽、画像、写真などのコンテンツを作成した人物に与えられる権利のことを示します。
アフィリエイト活動において作成した記事のテキストや画像は、作者の「著作物」になり、法律により守られています。

この著作物を作者の同意なしに勝手に使用する行為は、「盗作」や「著作権侵害」に該当します。


なぜコンテンツの盗用が起きるのか


オンラインアフィリエイトという業種そのものがこの問題に陥りやすい業種であります。
それだからこそ、詳しく知っておく必要があります。知らなかったではすまない事態になる可能性があります。

アフィリエイト活動を行う際には、商品に関する情報収集、テキストコンテンツの量産、デザインコンテンツの作成など、手間のかかる作業が多く必要になります。
読者の必要な情報を提供するため、SEOの観点からしっかりとしたコンテンツは必須でありますが、残念ながら「楽をしたい」、「時間がない」などの理由により、他人のコンテンツをそのまま流用する行為に走ってしまうケースが存在します。

オンラインアフィリエイトには、同じ商品を扱っているため紹介の方法が類似する、インターネット上の活動なのでコピペが簡単に可能である、という特性が存在するため、特に安易にそのような考えが芽生えてしまうのかもしれません。

しかし、ブログやホームページで記事やコンテンツを掲載し、公開するという行為は、「作品を展示する」と同じ意味があり、常に著作権の対象になり、この著作物を許可なしに流用することは重大な著作権の侵害になるのです。


なぜコンテンツのコピーはいけないの?


第一の理由として、著作権を侵害することは違法行為です。
著作権は「著作権法」で保護されています。
これを違反することは法律違反になり、違法行為です。

サムライクリックとして、アフィリエイト活動における違法行為は容認できません。
なお、アフィリエイターの皆様が貴重な時間と労力をかけて作成したコンテンツをそのまま盗用する行為は、非常に悪質な行為であると考えています。
特にゲーミングという特殊な業界の専門知識は習得や調査に時間がかかりますので、特に貴重な情報であると考えます。

ですので、コンテンツの盗用やコピーにおいては、厳しい罰則を設けていますので、必ず理解した上でアフィリエイトを行ってください。


何が著作権侵害にあたるの?


他人が作成したテキスト記事、画像をそのまま自分のウェブサイトやブログに無断で使用する行為は、明らかな著作権侵害となります。
それだけでなく、他人が書いた文章の言い回しだけを多少変えて、文章の流れ、キーワード、主要情報をそのまま利用しているリライト文章も著作権の侵害になる可能性が高い文章と言えます。

リライトの法的な定義は非常に難しく、サムライクリックは法律事務所ではないため断定的言及は避けさせて頂きます。

「参考にしてリライトする」という前向きな認識と「めんどくさいからちょっと変えてリライトする」という盗作的な認識では大きな差があります。

100%同じじゃなければ違法行為ではないと考えるのは間違ってる可能性が高いのでご注意ください。



サムライクリックでは、このような著作権違反に対する報告がありましたら、内容を調査し、侵害と認められましたらペナルティーを用意しています。


コンテンツの盗用に関するサムライクリックの罰則


サムライクリックが盗用の報告を受け、調査により注意の対象と判断しましたら、警告のメールを送信します。
盗用の度合や注意メールへの対応の速さにより罰則は異なりますが、

・アフィリエイト報酬の支払の一時停止
・アフィリエイトリンクの一時的無効化
・サムライクリックのアカウント利用停止

などの処置を持って対応いたします。
注意メールを受けとった場合には、迅速に対応をお願いします。


盗作を見つけた場合、被害に合った場合


コンテンツの盗用を発見した場合、以下のフォームにてサムライクリックへ報告することができます。
サムライクリックの会員によるウェブサイトであり、かつコンテンツの盗用であると認められた場合は、コンテンツの取り下げもしくは修正を行うよう警告を行います。

疑わしいコンテンツを見つけました場合は、躊躇せずにご報告お願いいたします。


お名前※必須
メールアドレス※必須
オリジナルコンテンツURL※必須
※盗用がされているコンテンツの元となるオリジナルのコンテンツが
 掲載されているページのURLを記入してくだい。
盗用コンテンツURL※必須
※上記ウェブページに掲載されているコンテンツが盗用されて
 使用されているウェブページのURLを記入してください。
説明※必須
※どの文章が盗用されているなど、具体的に盗用の内容をご記入ください。