【オンラインカジノの合法性】結局どっち?オンラインカジノの合法性についての現状

  •  
  •  
  • Category:

こんにちは、サムライクリックスタッフブログ担当です。

今回のトピックは、「オンラインカジノの合法性」です。


poker-1564042_1280.jpg

サムライクリックをご利用いただいているアフィリエイターの皆様なら、
誰でも一度は考えたことがある問題ですよね。

現在でもネットで見ると、様々な見解を示す方がいるので、
特にプレイヤーでは、まだまだ不安に感じる方が多いのではないでしょうか。

そこで、サムライクリックは皆様の不安を少しでも解消できればと思い、
オンラインカジノの合法性についての現状を、解説していきたいと思います。





ズバリ、合法?それとも違法?

justice-1509437_1280.jpg
まず、皆様もご存知の通り、
日本には賭博法があり、賭博行為及びそのための場所を提供する行為は違法とされています。
「オンラインカジノは違法」と思う方は、主にこれが理由ではないかと思います。


ところが、日本の賭博法は、
賭博行為が日本国内で行われた場合を想定した法律です。

また、
賭博を提供する側と、賭博を行う側のどちらも違法である必要があります。


一方オンラインカジノは、海外の企業が運営し、
海外の政府からライセンスを取得して、合法で運営しています。



phone-1869510_1280.jpg
ライセンスについては先日のブログ記事もご覧ください:
【ライセンス発行国特集】どこのライセンスが一番?カジノの信頼性を示すライセンスの発行国を紹介!


日本の賭博法はこうした海外で合法運営されるオンラインカジノで遊んだケースを想定しておらず、
日本の賭博法を適用できる法律がないというのが現状です。


もちろん、「プレイヤーが日本にいるから日本の法律を適用すべき」という意見は存在しますが、
少なくとも、現状ではこのように適用する法律がない以上、違法と言い切ることはできません。




運営拠点が日本国内にある場合は「違法」

日本で定められる「賭博及び富くじに関する罪」は、基本的に下記2つに分けられます。


賭博罪:お金を賭ける行為
賭博場開張図利罪:お金を賭ける場所を提供することで利益を得る行為


そして、賭博罪に該当するプレイヤーと、賭博場開張図利罪に該当する運営業者が、両者とも日本国内にいる場合
初めて「違法」となります。


実際、過去には日本国内の店舗で「インターネットカジノ」を運営した業者と、そこで遊んだプレイヤーが摘発された事例がありました。


law-1063249_1280.jpg
「インターネットカジノ」は日本に店舗という拠点を置き、換金を含む運営業務を行っていたので、
「賭博場開張図利罪」に該当します。
当然、そこで遊ぶことも「賭博罪」に該当します。


しかし、この事例で問題となったのはオンラインカジノではなく、
胴元(この場合は店舗を運営する業者)と参加者(店舗で遊んだ客)が、
どちらも日本国内にいることで、これは明確に違法となります。


名前が似ているため勘違いしやすいですが、
「インターネットカジノ」と「オンラインカジノ」は完全に別物なので、
しっかり把握し、プレイヤーにわかりやすく説明したいところですね。




過去にあったオンラインカジノプレイヤーの摘発事例は「不起訴」に

また、上記の事例とは別で、
2016年6月には海外のオンラインカジノを日本で遊んだプレイヤーが摘発される事例がありました。
casino-3720812_1280.jpg


こちらの事例では3人が摘発され、うち2人が略式起訴を受け入れ、罰金を支払いましたが、
残りの1人は略式起訴を受け入れず、弁護士とともに争った結果、不起訴処分となりました。

当時の担当弁護士のサイトはこちら:
https://ameblo.jp/gamblelaw/entry-12235518621.html


不起訴処分とは容疑者を起訴せず釈放することで、当然「無罪」として扱われます。

摘発した容疑者を不起訴処分にしたのは、司法側が
「裁判になっても賭博罪として立件できる見込みがない」と判断した証左となります。


たとえプレイヤーが日本にいても、そのオンラインカジノが海外で合法的に運営されているのであれば有罪にはならない、ということですね。


裁判は過去の事例を参考にすることが多いため、こうした事例が出来上がった以上、法律を変えなければ違法として裁かれる可能性は低いと思われます。
(罰金を支払った2人も略式起訴を受け入れて罰金で済ませただけで、正式的に裁判を経て有罪となったわけではありません)






まとめ

サーバと運営企業が海外にあるオンラインカジノを日本から遊ぶことは、
現時点の賭博法では想定外のケースで、適用できる法律がないため、
違法とははっきりと言い切れない状態
です。



また、日本は今「統合型リゾート整備推進法案」、いわゆる「カジノ法案」を成立し、
カジノの解禁と、カジノのあるリゾート施設の建設に向けて動き出しています。

ランドカジノの合法化には賭博法の整備は必須で、
オンラインカジノにも何らかの影響が出るかもしれませんので、
今後も政府の動きに注目する必要がありますね。


las-vegas-573600_1280.jpg


サムライクリックで取り扱っているオンラインカジノは、すべてライセンスを持って合法的に運営されています。
また、運営会社の拠点なども含めて、合法であることをしっかり確認した上で、ご紹介しております。

そのため、サムライクリックを通じてアフィリエイト活動を行うことも問題ありませんので、
ご安心ください。