【Bonanza Megapays】自社代表作に新システム搭載!Big Time Gaming社の新たな試みとは...?

こんにちは、サムライクリックスタッフブログ担当です!


先日公開されたスロットプロバイダー特集記事を、
皆さんもご覧いただけたのでしょうか?

今回ご紹介するスロットは、その特集記事に出ていた会社の新作となっています。
いったいどんな作品なんでしょうか?

それでは、どうぞ!


Bonanza_start.jpg
タイトル:Bonanza Megapays
プロバイダー:Big Time Gaming
リール数: 6列x2~7行
ペイライン数:最大117,649
ベット額:$0.2~$20
最大ペイアウト:17,926倍
ボラティリティ:HIGH
RTP:96.40%




すでに特集記事で紹介した通り、Big Time Gaming社はMegawaysシステムを開発したことで有名です。
そして、Megawaysを採用したスロットは、必ずスロット名に「Megaways」がついています。

ところが、今回のスロットはよく見ると、Megaways(メガウェイズ)ではなく、Megapays(メガペイズ)です。

同社は以前「Bonanza Megaways」もリリースしているため、ややこしいことになっています。
ゲームを検索する際はお間違えのないようにしましょう。


Bonanza_reel.jpg Bonanza_megaways_reel.jpg
Bonanza MegapaysとBonanza Megawaysを並べてみると、一見ではグラフィックが新調しただけで、大体同じに見えます。(左がMegapays、右がMegawaysです)
Megapays版はMegawaysシステムもちゃんと搭載しており、Megaways版の強化版といったところでしょうか。


Bonanza_help01.jpg Bonanza_help02.jpg
4種類の上位図柄と5種類の下位図柄。そのデザインと配当もMegaways版と同じです。


Bonanza_react.jpg
リールの2~5列目の上にはカートがあり、スピンするときに追加の図柄を運んできて、当たりのチャンスを引き上げます。

当たった後は該当図柄が爆発して、その穴を埋める新しい図柄から当たりの連鎖を引き起こす機能もあります。


Bonanza_freespin_start.jpg
スピンで「G」「O」「L」「D」の4文字を模ったスキャッターを揃えると、12フリースピンが与えられます。

フリースピンには当たるたびに積み上がる倍率がつき、
さらに途中でスキャッターが出ると追加のフリースピンもゲット可能です!




ここまでの内容はMegaways版と変わりませんが、
Megapays版はこれらに加え、新たに「Megapays」という名前のジャックポットシステムを搭載しています!


Megapaysは特に決まった発動条件はなく、通常スピンでランダム発動します。

Bonanza_jackpot_draw.jpg
発動すると、背景がいつもの鉱山から豪華なホテルへ移動し、図柄の抽選を行います。
抽選の後は6x7のリールでスピンを行い、抽選で出た図柄が出たら再スピン、出なかったら終了となります。

Bonanza_jackpot_spin.jpg
終了するまでに出た図柄の数によって、獲得するジャックポットが決まります。
ジャックポットの配当にはベース額があり、スピンする度にベットの一部が各ジャックポットに入るようになっています。

0~3個:なし
4~7個:Mini(ベース額€100)
8~11個:Midi(ベース額€1,500)
12~14個:Major(ベース額€20,000)
15個以上:Mega(ベース額€300,000)





Bonanza_jackpot_end.jpg
Bonanza Megapaysは簡単に言えばBonanza Megawaysにジャックポットを追加したバージョンですが、
このジャックポット自体が他社スロットで見かけるものとは異なる独自仕様で、
やはりBig Time Gaming社は新たな楽しさを作り出すことに意欲的な、面白いプロバイダーだと感じます。
いつでも突然降ってくるかもしれないジャックポットのチャンスにワクワクしながら、楽しく遊べる一作ですね!

ただ繰り返しますが、Bonanza Megawaysとはタイトルが一文字違いなので、
ゲームを探す時はタイトルをしっかり確認しましょう!