【eスポーツ特集】ビデオゲームも今や立派な競技!カジノでベットできるeスポーツを紹介します!

こんにちは、サムライクリックスタッフブログ担当です!


さて、本日のお題は「eスポーツ」です。

fortnite-4129124_1280.jpg

皆さんは子供の頃、ビデオゲームで遊んでいましたか?
筆者は小学生頃からビデオゲームが好きで、ゲームクリエイターになるのが夢でした。

昔はビデオゲームといえば子供の遊びとしか見られませんでしたが、
近年は対戦形式のビデオゲームでスポンサーのついた賞金大会が開催されるようになり、
今までただゲームを遊ぶだけだったプレイヤーに、「プロゲーマー」という道も開かれました。

また、2020年にはコロナ禍により世界中のスポーツ競技が中止・延期に追い込まれる中、
オンラインから対戦でき、動画配信による中継もできるeスポーツが代わりに脚光を浴びたこともありましたね。

最近ではeスポーツに認知症予防の効果があるとされ、高齢者の選手を集めたチームも現れるなど、若者に限らず、様々な分野で注目度が上昇しています。


となれば、オンラインでスポーツベッティングなどを扱うカジノたちも黙っていませんね!

最近はオンラインカジノやスポーツブックがeスポーツを取り扱い、他のスポーツと同様に賭けられるようになっているんです!

長い前置きとなりましたが、本記事では今賭けられる主なeスポーツ種目を紹介していきますので、スポーツ競技は大体わかるんだけど、eスポーツにどんな競技があるかよくわからない...
そう思った方はぜひ、参考にしてみてください!


FIFA

fifa_j.jpg
※JFATVで配信された、FIFAのeスポーツ大会の様子


FIFAはEAスポーツが開発したサッカーゲームのシリーズで、世界中で遊ばれています。

FIFAとは「国際サッカー連盟」の略称ですが、本作はその国際サッカー連盟が公認しており、ゲーム内では選手やチームが実名で登場します。
また、実際に国際サッカー連盟がFIFAシリーズを使った賞金大会を開催することもあります。

日本国内だとサッカーゲームと言えば「ウイニングイレブン」もあり、人気が二分している感じですが、
世界では現状FIFAシリーズのほうが人気が高く、eスポーツとしての注目度でも勝っています。



NBA2K

nba2k.jpg
※NBA2Kリーグの選手によるオールスター大会の様子


NBA2Kは2K Sportsというメーカーから発売されるバスケットボールゲームのシリーズです。
こちらもNBA公認のゲームで、NBAと共同でプロプレイヤーによるリーグ戦を開催しています。

先日はシリーズ最新作「NBA 2K22」が発売され、日本版パッケージにはNBAで活躍している日本人選手の八村塁選手が起用されました。



CS:GO

csgo.jpg
※CS:GOのゲーム画面

フルネームは「Counter-Strike: Global Offensive」で、名作FPS「Counter-Strike」シリーズの一つです。
(FPSとはFirst Person Shooterの略で、プレイヤーが操作するキャラの一人称視点で相手と戦闘を行う射撃ゲーム)

CS:GOはテロリストと対テロ特殊部隊の戦闘がテーマですが、ゲーム内では相手チームを倒すだけでなく、
爆弾の設置・解除、人質の救出などいくつかの目的があり、それに沿った行動が求められます。
筆者も昔は初期頃のCounter-Strikeで友達とチーム組んで遊んでいました(笑)。



Dota2

dota2.jpg

前述のCS:GOと同じValve Corporation社が開発したMOBAです。
(MOBAとはMultiplayer Online Battle Arenaの略で、2チームに分かれたプレイヤーたちが相手チームの拠点の破壊を目指すゲーム)

本作ではプレイヤーが操作キャラを選びますが、各キャラの性能が違い、それに合わせて、いかに勝利に繋がる立ち回りができるかがプレイヤーの技量となります。

MOBAは日本ではあまり流行っていないようですが、海外では人気ジャンルで、同じタイプのゲームが多数リリースされています。
Dota2以外ではLeague of Legendsなどもeスポーツ大会が開かれ、カジノによってはベットもできますね。


ストリートファイター

st.jpg

「ストリートファイター」は日本初の格闘ゲームのシリーズです。
同じシリーズのStreet Fighter IIとコラボしたスロットが存在し、以前のブログでも紹介しましたね!

【Street Fighter II: World Warrior Slot】名作ビデオゲームがスロットになって世界を目指す?

本シリーズは日本だけでなく海外からの人気も高く、今は「ストリートファイターV」での大会なども開催されています。
日本発の作品なので日本からもたくさんのプレイヤーが参加し、文字通り世界を目指しています。




nba2k_player.jpg
いかがでしたでしょうか?
eスポーツ大会を開催しているゲームをいくつかピックアップしてみましたが、もちろん他にも大会やプロプレイヤーのいるゲームは数多く存在し、しっかりと競技として成り立っています。

一方で、現時点でeスポーツを取り扱うカジノやスポーツブックはあるものの、取り扱っている作品に関してはまだまだ発展の余地があるように感じます。


eスポーツベッティングで賭けられるゲームが増えれば、今までビデオゲームをただの遊びとしか見ていなかった層もより注目するようになるのかもしれないので、筆者個人的にはそうなればいいなと思っています。