【Top Dawg$】ワンちゃんたちがラップバトル?ワイルドとボーナス図柄の連鎖で一気にトップへ!

こんにちは、サムライクリックスタッフブログ担当です!

本日ご紹介するスロットは、ヒップホップとラッパーがテーマです。
以前も似たような作品を紹介していたことを思い出す方もいるのかも知れませんが、
今回のは雰囲気もスペックもだいぶ違います。
まず、主役となるのはどこかワルそうな風貌のラッパーではなく、かわいらしいワンちゃんたちなんです!


TopDawgs_start01.jpg
とはいえラッパーの格好をしているのでやっぱりちょっとワルそうに見えるのかもしれませんね...?

それでは、ご紹介いたしましょう。
Relax Gamingの「Top Dawg$」です!

タイトル:Top Dawg$
プロバイダー:Relax Gaming
リール数:5列x3行
ペイライン数:15
ベット額:$0.1~$40
最大ペイアウト:25,014倍
ボラティリティ:HIGH
RTP:96.10%


TopDawgs_start02.jpg

ヒップホップを取り扱ったスロットといえば、以前このブログでも紹介した、Nolimit City社の「East Coast VS West Coast」がありましたね。

【East Coast VS West Coast】違う性能の「東」と「西」、君はどっちが好み?

「East Coast VS West Coast」は業界の暗い部分を表現したからか、どこか重くアウトローな雰囲気がありましたが、「Top Dawg$」は犬のキャラクターを起用し、若干明るい雰囲気となっています。


TopDawgs_reel.jpg
リールは5x3の構成で固定しており、「East Coast VS West Coast」のように分裂や拡張はしません。

通常スピンで随時発動する特殊機能として、「Mystery Respin」という再スピン機能があります。


TopDawgs_MysteriousRespin_spin.jpg
リールの5列目にミステリー図柄が出現した場合、ミステリー図柄がリールに固定したまま、
のこりの図柄が再スピンします。
再スピンで追加のミステリー図柄が出ると同様に再スピンを続け、
ミステリー図柄がでなくなったら、リール上にあるミステリー図柄がランダムで同じ図柄に変化します。

ミステリー図柄がいいところに固まったら大勝利不可避ですよ!


TopDawgs_BonusSymbol.jpg

そしてフリースピン。
本作ではボーナス図柄がそれぞれ3つ出ると8回、4つ出ると10回、5つでると12回とのように、フリースピンが付与されます。

フリースピンではワイルド図柄が一度出ると最後まで固定するので、フリースピンが進むとともにどんどんワイルドがリールを占めるようになっていき、当たるチャンスが高くなっていきます。

さらに、フリースピンでボーナス図柄が出る度にフリースピンが1回追加されるとともに、すでに出ているワイルド図柄の倍率も1追加されます!


TopDawgs_Freespin_Multiplier.jpg
ワイルド図柄の倍率は最大で7倍まで追加でき、同じペイライン上のワイルド図柄の倍率は乗算で配当に適用!
計算上、1ペイラインで最大16,807倍まで実現可能です!


TopDawgs_Buy.jpg
なお、フリースピン機能はベット額の90倍で購入することができます。
フリースピンを購入発動した場合のRTPは96.71%と、通常より若干高くなります。



TopDawgs_EpicWin.jpg
「Top Dawg$」は「East Coast VS West Coast」より少し遅れてリリースされた同じテーマの作品とのことで、よく比較されています。

同じテーマということで、BGMなどの演出はどうしても近い部分はあり、
特殊機能を購入発動できる仕組みがあることも、両者同じです。

しかし似ている部分といえばそれだけで、実際の機能やスペックは異なります。
より明るい雰囲気で機能も分かりやすい本作のほうが純粋に楽しめると思う人もいるのではないでしょうか。


一つ注意したい点として、フリースピンには配当上限があり、
全フリースピンで獲得した合計配当がベット額の25,000倍を上回った場合、25,000倍分までしかペイアウトされません。
この上限はスペックで記述されている25,014倍の最大ペイアウトとはわずかに異なります。

上限まで当たることはそうそうないとはいえ、そんな夢のようなことが起きた時に「なぜ...?」と戸惑うことのないよう、覚えておきましょう(笑)。