【Toshi Video Club】ゲーム機を想起させるグラフィックと強烈なマルチプライヤー機能を楽しめる、ユニークな「ビデオ倶楽部」!

こんにちは、サムライクリックスタッフブログ担当です!


皆さんは日本テーマのスロットといえば、まず何を連想するのでしょうか?
最近だとアニメ調の美少女キャラも増えているようですが、おそらく忍者と侍の古代日本か、ファミコンのような8ドットグラフィックを使ったスロット...ですかね。

今回ご紹介する「Toshi Video Club」は、同じ日本をテーマにしたものでも、先述のどちらともアプローチが少し違い、筆者が初めてプレイした時はノスタルジーを感じました。

まずはその画面を見てみましょう!


TVC_start01.jpg

タイトル:Toshi Video Club
プロバイダー:Hacksaw Gaming
リール数:5列x5行
ペイライン数:15
ベット額:$0.2~$100
最大ペイアウト:10,000倍
ボラティリティ:HIGH
RTP:96.17%


本作のグラフィックは、このようになります。

TVC_reel.jpg

ほぼモノクロのような色数の少ない画面は、おそらくゲームボーイのような、昔のゲーム機の液晶画面を意識したと思われます。
5x5の正方形の盤面のおかげで、小さい頃ゲーム機でパズルゲームを遊ぶような懐かしい気分になれますよ!

ただ、パズル盤面のリールはクラスターペイ方式を採用する場合が多いですがが、本作はそうではなく、一般的なペイライン方式を採用しています。
そこは少し残念かも?


TVC_12x.jpg


図柄を見ると、ダルマやこけしからビデオテープやブラウン管テレビまで、様々な時代のモチーフがリール上に混在しています。
時代を問わず、いろんな日本を表現しているのは面白いですね!


図柄のうち、ダルマがマルチプライヤーを持った特殊図柄として機能します。
このダルマ自体も数種類あり、それぞれ出現した時に一定のマルチプライヤーを、そのスピンの現在の倍率に加算します。


小ダルマ:1倍、2倍、または5倍のマルチプライヤーを付与
中ダルマ:10倍、15倍、または20倍のマルチプライヤーを付与
大ダルマ:25倍、50倍、または100倍のマルチプライヤーを付与
緑ダルマ:現在適用中の倍率を2倍、3倍、4倍、または5倍にする

本作では当たりが出ると図柄が消え、空けた場所のみ再スピンする方式を採用しており、マルチプライヤーは当たりが出なくなるまで維持します。
しかし、フリースピンだとその1回のスピンではなく、フリースピン自体の終了まで維持されます。

TVC_FreeSpin_51x.jpg
フリースピンはフリースピン図柄が3つ出ると

特に当たりやすくなる機能はないので通常スピンとあまり変わらないように見えますが、中ダルマでも10倍以上アップすることで、大きく積み上がったマルチプライヤーのおかげで下位図柄の当たりでもビッグウィンに繋がったりしますよ!


TVC_FreeSpin_buy.jpg
※フリースピンはベット額の120倍で購入することも可能です


TVC_SuperMegaWin.jpg

古いゲーム機のような画面で図柄がヌルヌル動く「Toshi Video Club」は、どこか昔と今の日本が融合したようで、最初はちょっとした違和感がありましたが、慣れた後はなんだか楽しく感じました。
別に何かすごい演出があるわけではありませんが、不思議ですね(笑)。

機能面では、フリースピンの購入がベット額の120倍というところに少し魅力を感じました。
気軽に買える値段ではありませんが、マルチプライヤーの積み上げ方を見てみると、意外と簡単に元が取れそうな気がしてきます。
(もちろん確実ではないので購入の際は自己責任で...!)

余談ですが、本作はHacksaw Gaming社の「Pocketz」シリーズという、モバイルデバイスでのプレイに最適化したスロットシリーズの一つです。
皆さんもぜひモバイルで試してみてくださいね!