【Oni Hunter Plus】フリースピンで鬼を狩るスロット!昇格して秘宝を目指せ!

こんにちは、サムライクリックスタッフブログ担当です!

今年の少し前、Microgaming社から「Oni Hunter」という、とある鬼と戦うアニメに似たスロットが出たことを、覚えていますでしょうか。
そして、その「Oni Hunter」には、強化版があることを知っていますでしょうか。

その名も、「Oni Hunter Plus」!

さっそく、新しくなったハンターたちの実力をチェックしに行きましょう!


OniHunterPlus_Button_Rectangle.jpg

タイトル:Oni Hunter Plus
プロバイダー:Microgaming
リール数:3列x3行
ペイライン数:5
ベット額:$0.5~$100
最大ペイアウト:1,000倍
RTP:97.15%
ボラティリティ:HIGH


まずはこの記事で初めてこの作品を知った方に対して、前作について解説します。

OniHunter.jpg

「Oni Hunter」はMicrogaming社が今年リリースした、日本アニメ風のスロットです。
3x3のリールや再スピンからボーナスゲームへと昇格するシステムは、「花魁ドリーム」といった人気作でも見られる、わかりやすい構成ですね。
日本語表記でプレイする場合、タイトルは「鬼狩り」となるようです。


OHP_reel.jpg

「Oni Hunter Plus」はリール構成やビジュアル面では特に変わりはなく、ロゴにPLUS表記がついたぐらいです。
しかし、性能面では前作から一部強化しています。

たとえばRTPですが、Oni Hunterは96.87%でしたが、Oni Hunter Plusは97.15%と、97%の大台を超えてきました。


また、Oni Hunterのフリースピン機能はCombat Free Spinsの1種類のみでしたが、Plusでは新たにBattle Free Spinsが追加され、フリースピンが発動したときに選択できるようになります。


OHP_BattleFreeSpins_spin.jpg OHP_CombatFreeSpins_spin.jpg

Battle Free SpinsとCombat Free Spinsの基本性能は下記の通りです:


Battle Free Spins
回数:15回
ボラティリティ:低
フリースピン継続率:24%

Combat Free Spins
回数:10回
ボラティリティ:高
フリースピン継続率:72%

どちらのフリースピンでも敵となる鬼が現れ、スピンとともにバトル演出を楽しめます。

また、両者の大きな違いとして、Battle Free Spinsでは2~10倍のマルチプライヤー付きのワイルド図柄も出現します。
対してCombat Free Spinsはこのワイルド図柄は出現しない代わりに、上位フリースピンである「Treasure Free Spins」のトリガーとなる玉手箱の図柄が出現します。


OHP_Treasure.jpg
Tresure Free Spinsの様子はこちら。
最後に玉手箱の図柄が出たら継続し、出なかったらCombat Free Spinsに戻ります。



OHP_Freespin_buy.jpg
そして、フリースピン自体もベット額の60倍で購入可能ですので、「試してみる」気持ちで買ってみるのもいいかもしれません。


OHP_BigWin.jpg OHP_CombatFreeSpins_result.jpg

筆者はOni Hunterをプレイしたことがなく、今回のOni Hunter Plusが初めてとなりますが、フリースピンモードの追加とRTP引き上げは前作と比べても魅力的ではないでしょうか。
そのかわり、システム回りと演出に関してはどこかJTG社作品に似ていると感じ、それらが手強いライバルになる気がします。

ちなみに本作は一部のカジノでは遊べるみたいですが、公式サイトによると、まだ正式リリースしてはいないようです。
今後の人気作になれるか期待したいですね!