【Tales of Asgard: Freya's Wedding】女神の結婚式が、電光石火のフリースピンバトルに!!

こんにちは、サムライクリックスタッフブログ担当です!


北欧神話をモチーフとして起用したスロットは、神々が戦う重厚感がある作品が多いですが、
今回ご紹介するPlay'n GO社のTales of Asgardシリーズの新作、「Tales of Asgard: Freya's Wedding」は、ちょっとコメディっぽく仕上がった演出が面白い作品となっています。

前作「Tales of Asgard: Loki's Fortune」と違い、今回は女神フレイヤが主役とのことですが、実際は...?

その前に、まずは基本スペックを確認しましょう!

Freya'sWedding_start03.jpg

タイトル:Tales of Asgard Freya's Wedding
プロバイダー:Play'n GO
リール数:5列x4行
ペイライン数:30
ベット額:$0.3~$90
最大ペイアウト:2,500倍
RTP:96.40%
ボラティリティ:MEDIUM


Freya'sWedding_reel.jpg

「Tales of Asgard: Freya's Wedding」は北欧神話の、とある物語がモチーフとなっています。

霜の巨人の王「スリュム」が、トールのハンマー「ミョルニル」を盗み、その引き換えに女神フレイヤが自身の妻になることを要求。
そこでトールが女装してスリュムに近づき、ミョルニルを奪還する...というお話です。

そうです。
本作で現れるフレイヤは、なんと「女装したトール」なんです。
タイトルはフレイヤの結婚式となっていますが、神々がそのような要求を呑んでフレイヤを差し出すわけがないですよね!

Freya'sWedding_Freya03.jpg

筆者がストーリーを知らずに初見でプレイした際、「このフレイヤ、美人じゃないどころか女性にすら見えない」と思いましたが、実はトールが頑張ってフレイヤに似せた姿だったのですね。大変失礼いたしました(笑)。

本作の特殊機能はフリースピンがメインですが、通常スピンで発動する特殊機能「HERE COMES FREYA」もあります。

Freya'sWedding_Freya02.jpg

この機能では「フレイヤ」が登場し、立ち止まった列全体がワイルド図柄になります。
しかもこのワイルド図柄はマルチプライヤーがつく優れもので、そこから発生した勝利配当は2倍になります。
女神(?)の華やかな登場を見て、たくさん祝福を受けたいですね!

フリースピンはミョルニルがモチーフのスキャッター図柄が3つ出た時に発動します。
ここでトールが正体を現し、ミョルニルを手にして堂々とリールの5列目に登場!


Freya'sWedding_Freespin_start02.jpg

このトールはHERE COMES FREYAの「フレイヤ」と同じく、2倍マルチプライヤーを持ったワイルド図柄として登場しますが、フリースピンが1回進行する度に左の列へと移動し、最後まで必ずリールに残ります!
さらに、そのマルチプライヤーはスピンの進行で、最大10倍まで増えることが可能!まさに雷神の本領発揮です!

Freya'sWedding_Freespin_spin03.jpg

フリースピン開始時のバトルシーンも激熱ですよ!

Freya'sWedding_Freespin_second.jpg

また、トールがリールからいなくなってもSECOND CHANCE RE-SPINという再スピン機能が発動し、そこでトールが再び出現するとフリースピン継続、出現しない場合は終了となります。



Freya'sWedding_mega.jpg

北欧神話のスロットは、オーディン、トール、ロキなどによるカッコイイ系の演出が多いですが、本作はまさかのトールの女装から始まり、カッコイイバトルアクションもあるとはいえ、基本的に明るく面白い雰囲気となっており、機能やスペック設定も相まって、とても楽しみやすいスロットだと思います。
結局フレイヤの出番がタイトルだけなのは残念ですが...(笑)

ちなみにPlay'n GO社の北欧テーマ作品はTales of Asgardの2作だけではなく、異なるタッチで神々を個別に取り上げた作品もあります。
フレイヤに関しては「The Faces of Freya」がありますので、興味ある方はぜひ調べてみましょう!